Googleスライドの基本の使い方

GoogleスライドはMicrosoftのパワーポイントと同じように

プレゼンテーション・営業提案書・社内教育資料などの作成で幅広いジャンルで使われています。

Microsoftのパワーポイントと大きく違う点は

ブラウザ上で作成することができてGoogleアカウントを持っていれば無料でできる点です。

また、ファイルの共有やブログやホームページへの埋め込みも簡単にできます。

Googleアカウントの作成方法はコチラから

今回はスライドの簡単な画面説明をしていきます。

Googleスライドの基本的使い方

起動方法

① メニューをクリック

② スライドをクリック

① 「空白」をクリックして新しいプレゼンテーションを作成できます

ファイル名の変更

画面左上の「無題のプレゼンテーション」をクリックしてファイル名を変更することができます。

テーマの選択

① テーマをクリックすると画面右にいろいろなテーマが表示されます

自分のお気にいりのテーマを選べます。

スライドの追加

画面左の➕をクリックするといろいろなスライドを追加できます。

Googleスライドの編集作業

Googleスライドの編集で必要な各種挿入法があります。

  • 画像
  • テキストボックス
  • 音声
  • 動画
  • 図形
  • グラフ
  • ワードアート
  • データー検索

画像の挿入

パソコンからの挿入はもちろん、GoogleドライブやGoogleフォトから画像や写真を簡単に挿入できます。

図形の挿入

グラフの挿入

通常のグラフ挿入の他にGoogleスプレッドシートで作成したグラフや表などを簡単に挿入できます。

線の挿入

データ検索

画面右下のデータ検索をクリックします。

画像検索

Googleの検索技術を使って、WEB上から画像を検索してそのまま挿入できます。

Googleドライブ内のデータ検索して挿入

ドライブのデータを検索してクリックで簡単に挿入できます。

パソコンができルようになるちゃんねる パソル

コメント

タイトルとURLをコピーしました