ExcelのDATE関数の使い方【初級編】

DATE関数って?

DATE 関数は日付を計算した結果を取得します。

DATE 関数は、「年」「月」「日」を引数にして日付データを作成する関数です。

Excelでは年月日が別々のセルに入力されている場合、そのままでは日付データとして使用できません。

そのような場合にDATE関数を使用すると、それらの数値から自動的に日付を表示することができます。

DATE関数の使い方

DATE関数は次のように入力します。

=DATE(年,月,日)

DATE関数を使ってみよう

下の画像のように誕生日が別々のセルに年、月、日で入力されています

セルF2にDATE関数を使用して日付にまとめます

①数式バーのfxをクリックします

②関数の分類から日付/時刻を選択します

③DATEをダブルクリックします

④年、月、日のセルをマウスで選択して、OKをクリックします

⑤このように、日付にまとめることができました。

YouTube動画解説

DATE関数で契約書の保管期限を計算しよう【Excel初級編】

パソコンができルようになるちゃんねる パソル

タイトルとURLをコピーしました