収入が下がる職業と上がる職業に差はあるのか

収入が下がる職業と上がる職業に差はあるのか

どんな職業につくかで得られる収入は異なりますが、今後も違いは明確になる可能性があります。

つまり、職業によっては機械に代替されてしまう部分があり、人間としての職業がほぼなくなったり、収入が下がるということが考えられるです。

そういった職業の候補は多いですが、機械化が簡単にできそうな分野、主に単純作業の仕事がそういった状況になりやすいとされています。

事務的な作業やコンビニなどでの接客業は、機械化が進むようになっています。

では、逆に給料が下がらない、または上がる職業を予想することができるのでしょうか。

今はまだ、機械よりも人間のほうが優れている仕事はたくさんあります。

特定の人物でなければこなせない能力を求める職業ほど、収入源として安定しているでしょう。

例えば、その人の人間的な特性に対して収入が発生するような職業などです。

例えば、お笑い芸人は人間がやらないとそもそも客がつかない可能性があり、特定の人だから観たいと思う人が多くいるわけです。

コンビニ店員や事務はこの人じゃないといけないという理由はないので、代わりがいくらでもおり、機械でも代替できるので、収入は下がる方向になるか、職業として消えるかということになります。

他の人でかわりがきかないと思われるような仕事ほど、将来的にも変わらずに存在し続けるだろうと考えられています。

お笑い芸人だけでなく、例えばライター、コラムニスト、漫画家、俳優、コメンテーターなどはこれから職業が消えることはそう無いでしょう。

納得のいく収入が手に入る職業を選ぶためにも、この先何十年先の職場がどのように変わるかをイメージすることです。

タイトルとURLをコピーしました