Excelの初めて覚えるIF関数 BEST3【初級編】

初心者はこのIF関数を覚えようベスト3を解説します

 みなさん、IF関数は難しいイメージをお持ちなんですけど

言葉に変えて読むとかなり簡単な日本語です

それでは、BEST3を解説していきます

【IF関数って?】

簡単に説明 

「もしこの条件だったら、こうする、そうじゃなければこうする」

難しい説明

IF( 論理式,真の場合の処理,偽の場合の処理)
真の場合の処理=論理式に一致した場合に表示する値
偽の場合の処理=論理式に一致しなかった場合に表示する値

【BEST3】

第三位

もしセルF11が100未満だったら、補充する、そうじゃなければ空欄にする

=IF(F11<100,”補充”,””)

在庫管理表で使用します。

もし、在庫数が少なくなったら、補充を教えてほしい場合などにこのIF関数をしようします。

関数を入れておけば、在庫が100未満になったら表示してくれるので便利です。

第二位

もし、セルF8から20を引いた日付が今日未満だったら、更新確認する、そうじゃなければ空欄にする

=IF(F8-20<TODAY(),”更新確認”,””)

もし、契約社員の更新日20日前に更新者の教えて欲しい場合などに使用します。

TODAY関数を使用しているので20日前に表示してくれるので便利です。

第一位

もし、セルA11が空欄だったら、空欄にする、そうじゃなければセルB11からセルM11を足し算する

=IF(A13=””,””, SUM(B13:G13))

もし、セルに関数が入力されていて空欄だから”0”と表示されると見た目が悪いので

0表示を空欄にしてくれます。見た目が良いです。

YouTube動画解説

タイトルとURLをコピーしました